So-net無料ブログ作成
検索選択
今日もご覧いただきありがとうございます。

エゴノキ [写真]

今回も街路樹です、エゴノキです。
これは一般には白い花が多いようですが、ピンクの花もあります、
アカバナエゴノキ とか ピンクチャイム などと呼ばれているようですね。
薄いピンクの可愛らしい花です。

benihanaegonoki.JPG

benihanaegonoki03.JPG

benihanaegonoki02.JPG

benihanaegonoki04.JPG

この写真は一週間前のものです、もう大半が散って樹の下はピンクの花びらでいっぱいに
なっています。


みんなの趣味の園芸 NHK出版より引用

エゴノキは日本全土に分布する落葉樹です。5月から6月にかけて小枝の先に短い総状花序を出し、
釣り鐘状の白い花を下向きにつけ、秋には卵形の果実が熟します。樹形は野趣に富むことから、
雑木の庭の植栽材料としてよく利用されるようになりました。花や葉に変異のあるものが見られ
、ホソバエゴノキ、テリハエゴノキなどの変種があるほか、萼がピンク色のベニガクエゴノキや
小花のヒメエゴノキなどは品種として扱われています。古くから親しまれてきた万葉植物の一つで、
和名の由来は、果皮が有毒でえぐみがあることによります。昔はこの果実をすりつぶして川に流す
漁法が行われていたといいます。

nice!(153)  コメント(3) 

マロニエの花 [写真]

近所の街路樹にマロニエが植えてあります、花がちょうど見頃できれいです。
マロニエといえばパリの並木道が有名ですがこのマロニエ、日本のトチノキの近縁種で、
「セイヨウトチノキ」と言われています。
トチノキは1966年に栃木県の県木に制定されているそうです。

maronie01.JPG

maronie02.JPG

maronie03.JPG

これは14日に載せた芍薬ですが、満開で後は散るだけになってしまいました。
隣には色違いがあるのですがこれはまだ蕾です、咲くのが楽しみです。

syakuyaku-m.JPG

nice!(148)  コメント(5) 

ユキノシタ [写真]

鉢植えの「ユキノシタ」が花を付けました、小さなあまり目立たない花なのですが写真で拡大
して見るとこんな感じです、かわいい。(コンデジでのマクロ撮影、トリミングあり)

yukinosita02.JPG

yukinosita04.JPG


他の花が好まない場所でも育つ強さを持ちながら、姿や花は控えめなことから
耐え忍ぶ芯の強い女性を思わせ、古くから和歌などの題材にされてきたそうです。

Wikipediaより
和名ユキノシタは、雪が上につもっても、その下に緑の葉があることからだと言われる、
また白い花を雪(雪虫)に見立て、その下に緑の葉があることからとする説がある。
nice!(133)  コメント(2) 

芍薬の花 [写真]

芍薬が咲きました。

syakuyaku.JPG

2日ほど前まではまだ固い蕾のような状態だったのが、いっきに咲きました。
これとは色違いの紫っぽい花もあるのですが、これは毎年ちょっと後になります、
もう蕾も大きくなっているので何日かで咲くでしょう。

nice!(117)  コメント(4) 

新緑の山 [写真]

所用で新潟県まで行ってきたのですが、山の新緑がきれいでした。
木が芽を吹いたばかりのあの山の色はなんと表現したらいいのでしょうね。

sinryoku.jpg

momijitosakura.JPG

tukusi.JPG

nice!(152)  コメント(3) 

RAW形式で撮影保存,現像 [写真]

次の二枚の写真は撮影時にRAWとJPEGで同時保存したもので、最初の写真はカメラでJPEG保存写真、
二枚目はRAWデータを自分で現像したものです。
新緑の山を写したものですが、ちょっとモヤっとした天気で写真もボヤケた感じになってしまいま
した、RAW現像では違いが分かりやすいようにややオーバーに現像してみました。

harublog.JPG
RAWharublog.jpg

JPEGファイルも画像ソフトなどで色や明るさなどの調整や加工も出来ますが、すでに完成された
ファイルなので画質が劣化してしまいます、また限界もあります。

私の場合コンパクトデジカメはJPEGでしか保存できませんが、一眼レフはRAWで撮影しておいて
パソコンで現像し、JPEGで保存、使用しています。
nice!(177)  コメント(1) 

藤の花 [写真]

藤がきれいに咲きました
fuji.jpg

これはサヤエンドウの花ですsaya.jpg

こちらはソラマメの花ですsoramame.jpg


ここに載せる写真は、一眼レフかコンパクトカメラで撮ったものを使っていますが、今回はスマホ
のカメラで撮った写真です。
パンフォーカスになってしまって、背景がちょっとうるさい感じになっています。

iPhone 7 Plusは、2つのカメラを搭載した「デュアルカメラシステム」を採用し、2つのカメラで
被写体との距離を測り距離に応じて背景にぼかしを入れて、手軽にボケ味のある本格的な写真を
撮影できるのだそうです、私も実際にその写真を見ましたがきれいに撮れていました。

でも写真を楽しむならやっぱりカメラですよね。

さて今日はまだ運動してないので、これから一汗かかないと。

nice!(161)  コメント(3) 

モミジにアブラムシがいっぱいです [写真]


aburamusi.JPG

枝垂れモミジにアブラムシがいっぱい付いています、「モミジニタイケアブラムシ」と言う
種類のようです。
殺虫剤を散布しようかと思ったのですが、調べていたら牛乳を散布してやると良いらしい、
早速スプレーに牛乳を入れて散布しておきました。

牛乳がなんで効果があるかというと、牛乳の膜が乾燥したときに収縮する性質を利用して、
アブラムシを窒息死させるそうです。
(牛乳が乾燥して暫くしたら水で洗い流しておくこと)


tutuji.JPG
黒ツツジがもう少しで咲きそうです。

tyurip.JPG
チューリップの花の中をパチリ




nice!(131)  コメント(5) 

満開の桜の下で遊ぶ子供たち [写真]

庭の枝垂れもみじです、新緑でまばゆいばかりです。

harumomiji.jpg

公園の八重桜が満開となっています、そこで遊ぶ子供たちのなんと楽しそうなことか、平和な風景です。

yaezakura.JPG

ソメイヨシノが散ってしまったら今度は八重桜が満開です。
ソメイヨシノは恥じらいの薄いピンクで可憐で清楚、それだけに散るのも早くて儚いイメージです、
敢えて言うならばうら若き乙女。

それに引き換え八重桜は色も濃くて花も重い感じでしっかりとしています、こちらは妖艶な女盛り、
妖しいほどの光を放って見るものを惹きつける。

どっちも魅力満載です、日本に生まれてよかった。

桜はやっぱり特別な花ですね。
nice!(159)  コメント(2) 

コンパクトカメラを使った「マクロ撮影」のおすすめ [写真]

マクロ撮影は違った世界の発見になるかも

マクロ撮影のお勧めといっても、本格的にするにはそれなりの機材が必要となってきます。
新規にカメラやレンズを購入、あるいは一眼レフはあるからレンズだけ、といっても数万から
10万円を超える金額になってしまいます。

コンパクトデジカメならお持ちの方も多いのではないでしょうか、今回はこのコンパクトデジカメを
使用したマクロ撮影を紹介したいと思います。
コンパクトデジカメには性能差はありますが、マクロ撮影機能の付いているカメラが殆どだと思いま
すので、これを使ってみましょう。
一眼レフにマクロレンズを装着した本格マクロ撮影とはいきませんが、それなりに十分に楽しむ事が
できます。
庭先に咲いた花や、そこに集まってきた昆虫などを撮ってみると、普段目にするのとは違った面白い
発見があるかも知れません。

nanahositenntou.JPG

sibanome2.JPG

sibanome1.JPG

上の写真はどれも一般的なコンパクトデジカメで撮った写真です。
一枚目は「ナナホシテントウ」です、昨日庭の木で見つけました。
他の二枚は庭の「芝の花」です、ちょうど雨上がりで水滴が付いて面白い写真になりました。

カメラによってマクロ撮影に設定するタイプや、被写体との距離で自動に切り替わるタイプなど
あるようですが一度試してみると面白いですよ。
nice!(144)  コメント(8)