So-net無料ブログ作成
検索選択
今日もご覧いただきありがとうございます。

カタクリの花(春の妖精に逢いに) [自然]

昨日はカタクリの花を見に行ってきました、春の妖精の一つ、私の大好きな花です。

私は今は雪のない地方に住んでいますが、生まれも育ちも新潟県の田舎町なんです、
雪深いところです。
冬の間は一面真っ白な世界だったのが、この時期になってようやく田んぼの畦(あぜ)が真っ先に
顔を出してきます、そこには雪の下からも蕗の薹(ふきのとう)が顔を覗かせて、暖かな春を待って
います。
ちょっと山の方に行くと、木々も芽を吹き出して下を見ると湿った山肌にカタクリが咲き誇っている、
あの風景が未だに忘れられないです。

burog2.jpg

burog1.jpg

雪国の春というのは特別なんですよ、特に年配の人にとっては。

かつては冬の間は雪のために農作業が出来ないから、男の人はその間は出稼ぎに行きました、
多かったのは造り酒屋さんでした、言うところの越後杜氏です。
その越後杜氏は春から秋は農家をして、秋になり収穫が終わると県内外に杜氏として出稼ぎに
行く訳です。
女の人(妻)や子供、おじいちゃん、おばあちゃんはその間、雪から家を守っていました。
高くて滑りやすい茅葺き(かやぶき)屋根に上がり雪を下ろしては、今度はその雪を片付ける。
多い時は一晩で一メートルも積もることもあったんですよ、最近は昔に比べると雪も少なくなり
ました、気候が変化しているんでしょう。

そうして待っている春だからひとしおです。
雪が消えて冬の重労働や家を守る重責から開放され、暖かくなって木々や草花が芽を吹き、保存食
ばかりだった食卓に山菜の緑が並び、何よりも待っていた亭主、父親が土産を手に帰ってくる。

それが雪国の春でした。

今では出稼ぎという言葉も聞かなくなりましたね、今の若い人たちは知らないでしょうね、言葉も。

春の花が咲き乱れるのももう少し [自然]

桜の開花までもう少し、あと一週間もすればあちらこちらから知らせが届くことでしょうね。
家のヒヤシンスとスイセンも咲き誇っています。

hiyasinsu.JPG

suisen.JPG

すみれは五年ほど前でしょうか、綺麗なものを見つけたので庭に植えた何本かが増えて、
庭中いっぱいに咲くようになりました。
もう花をつけている気の早いのがたった一本だけありました。

sumire.JPG

そして春といえば新入生、特に小学一年生のあの愛らしい姿を見られるのも楽しみです。

春まぢかですね [自然]

hukujyu.JPG

暖かくなったら翌日はまた急に10度近くも気温が下がったりと温度変化が激しいですね、
皆さん体調を崩さないようにしてください。
家内の実家には福寿草があるのですが、3年ほど前に少しもらってきて庭に植えたところ増えてき
ました。今年も何本も芽を出して綺麗な花を咲かせています、まだ他にも小さな芽も出ていますよ。

風も強くて庭の「枯れ芝」の上に落ち葉がいっぱいで、掃除してもまた2日もすると元の黙阿弥に
なってます。そんな時に役に立っているのがこれです、百円ショップで買ってきた竹製のミニ熊手
です。
写真では大きく見えるようですが、落ち葉の大きさと比べてください、可愛らしい大きさです。
全長80cmで熊手部分の幅は20cmしかないんですが、なかなか頼もしい。
金属製だと先が芝の根を引っ掛けてしまって使いにくいんですが、これだとスムースに行きます、
熊手はやっぱり竹製が一番です。
これは100円でしたがもう少し大きなものも何種類かありました、次はもう一つ上のサイズでも
買ってみようかと思います。

kumade.JPG

紅葉と落葉のしくみ [自然]

先日は秋の好天に誘われて近くの山に行ってきました、
紅葉も見事で気持ちよく山歩きをしてきましたよ。落ち葉もいっぱいで
その上を歩くのも気持ちがいいですね、あの音と少しフワッとした感触
がたまらないです。
resizeIMGP00551.jpg

resizeIMGP00483.jpg

紅葉し葉を落とす落葉樹と、緑のままで葉を落とさない常緑樹

植物の葉は光合成をおこなう大切なところです、なぜならば光合成に
よって生きるのに必要な栄養分を作るところだからです、それと同時に
根から吸い上げられた水分を蒸発させるところでもあります。
寒さが厳しく十分に水分を吸収することができないのに、葉から水分が
蒸発していたら木は枯れることになります、それを防ぐために落葉する
のが原因の一つといわれています。
また冬になるにつれ日照時間が少なくまた気温も低いことから光合成
の効率が悪くなります。
そこで落葉樹は冬になると葉を落として休眠するのです。
秋も終わりになると、葉の養分のほとんどが茎のほうに移って、
葉緑素もなくなります。同時に葉と枝の間に離層と呼ばれる壁をつくり、
水や栄養の行き来を少しずつ遮断します。
この時クロロフィルの消失により緑色が無くなることでイチョウの
ような葉っぱではだんだんと黄葉してゆきます。
葉っぱではまだクロロフィルが少なからず存在し、光合成を行って
いますから、光合成によってつくられたグルコースは枝に送ることが
できないので葉の中に蓄積されます。
細胞の中でこの過剰に蓄積されたグルコースが行き場を失い、これが
いろいろな経路を経てアントシアニンという赤い色素に合成されます。
残ったカロテノイドの黄色と合成されたアントシアニンの紅との割合で
あのなんとも言えない色が生まれるのです。

これに対して一年中葉を落とさない常緑樹もあります。
常緑樹が育つ場所は年中湿気が多い場所や冬も暖かく日差しも良いところ、
つまりは一年を通して水分補給ができて、光合成の効率もよく成長する
ことが出来る地方というわけです。

その他に冬が長い地域や高地の樹木にもあります、これは樹木に
とって厳しい環境で育つ中、葉を作るのは遅い春から夏だけでは十分
ではないために丈夫な葉を作って長く使ったほうが理にかなっている
からでしょう。